フェイシャルエステで美しく

ブライダルエステ、フェイシャルエステ、痩身、脱毛、豊胸など、様々な種類のエステ情報をお届け。エステで心も身体もリフレッシュ!

フェイシャルエステの魅力。初対面で、女性のどこを一番先に見ますか?そんな質問に最も多いのが、やはり顔なんです。だからこそ、日々の努力をそれぞれに行っているフェイシャルケア。しかし、なぜ皆エステサロンに通うのか?それは、自分でするお手入れと、エステでのお手入れとでは違いがあるためです。自分で念入りにお手入れをしていても、自己流のケアや知識がないまま自分に合わないマッサージなどを、知らずに続けていると、逆にシワやたるみを引き起こすこともあるのです。

エステサロンの技術は、美容の基本から学んだものなので的確なケアとアドバイスを受けることができるのです。エステサロンならではのマシンもあるので、自宅ケアとの違いは歴然なのです。女性にとっての顔への願望は、大きく分けると2つになります。痩身を目的とした小顔願望。もう1つが、しわ・たるみ・しみなどをケアする美顔願望。どちらも、女性にはかなり強い人気のエステです。顔が大きく見える原因は、顔の周りについた脂肪やむくみ、老化によるたるみなどもあります。その為、エステサロンでは、リンパマッサージや脂肪燃焼マッサージなどで小顔効果を得ることができるのです。

また年とともに増えていくしみなども、トリートメントでお肌の新陳代謝を促し、原因となるメラニン色素の増加を防いだり排出させやすくすることで、原因からなくしていくことが可能なのです。そして、ここ最近さらに注目されている美白も、人気の1つです。美白に関しては、集中コースなどを用意しているエステサロンも多くあります。自己ケアでは限界を感じている日と、透き通る肌が欲しい人は勧めです。

フェイシャルエステは、美しくなりたい女性の声から、様々なものが日々誕生しています。その中で、エステサロンで行われるフェイシャルエステは、大きく2つの種類に分けられます。

フェイシャルエステの1つは、痩身目的のフェイシャルエステです。ダイエットをしても、顔だけはなかなか痩せられないという人。また、年齢と共に肌のたるみから小顔になりたいという人。顔の印象だけで、女性は大分痩せて見えるものです。その為フェイシャルエステをサロンで希望する人は、若い女性から年配の女性まで、非常に年齢を問わず多くの人から人気のあるエステなのです。フェイシャルエステは、特に顎下などは誰でも脂肪がつきやすいもの。そのため、顎下を中心に頬を重点的にマッサージします。サロンによっては、アロマオイルを利用したり、独自のマッサージクリームなどを使用するところもあります。

もう1つは、美肌を目的としたフェイシャルエステです。肌の「あれ」・「かさつき」などの皮膚のトラブルを解消するエステです。不規則な日常生活から肌の状態は、何よりも大きく影響をうけます。美肌フェイシャルエステは、肌に栄養補給を行った後に、その栄養が肌の奥まで届くようにフェイシャルマッサージなどを行います。 フェイシャルマッサージは、ただ栄養をより確実に吸収してもらうためではなく、フェイシャルマッサージを行うことで 肌の細胞に対して刺激を与えることにより、より活性化させる効果があります。そして、肌の掃除や栄養補給が終わると、毛穴汚れの除去を行うのです。フェイシャルエステで行う毛穴汚れの除去は、肌の表面に露出した毛穴汚れを直接、フェイシャルエステ専用のマシンで取り除くというものです。

痩身も美肌も、サロンによって料金は違いますが4,000円位からできるものもありますので、1度プロの技を体験してみてはいかがでしょうか。 普段、自分の顔に黒い毛穴汚れが目立つ方は、フェイシャルエステのこの毛穴汚れの除去を受けてみるのもいいかもしれません。

フェイシャルエステで今話題なのが、ケミカルピーリングと呼ばれているもの。この施術は、医療機関に併設しているメディカルエステサロンで受けられるものです。ケミカルピーリングとは、皮膚に薬を塗って角質を除去することで、ニキビ、炎症性色素沈着、肝班、そばかす、肌のくすみなどを改善させる治療です。フルーツ酸の一種であるグレコール酸を、一定時間肌に塗って皮膚の角質を取り除くことができるのです。

ケミカルピーリングを行うフルーツ酸の濃度を、少しずつあげて徐々に効果を出していくため、1~2回の施術では効果が出にくいことがあります。最初は一番低濃度のフルーツ酸を使って、肌の変化を見ることになります。ケミカルピーリングは、痛みが全くなくて美顔されているような心地よさです。1回の施術は、30~40分位。飲み薬や塗り薬では効果のなかったニキビやシミに有効というのが、何よりも嬉しいところです。

他にも、ニキビ痕や色素沈着にも効果的で、目尻の小じわも目立たなくなります。また毛穴の角栓が取れ、肌の老廃物がきれいに除去されるので、化粧ののりがよくなり、肌がつるつりになるといわれています。 ケミカルピーリングは手、脚、胸、背中などの体のどんな部分の施術も可能な上、エステの美顔コースより安くできるということで、口コミでどんどん広まっているようです。

ケミカルピーリングの施術法としては、グリコール酸を塗布した状態で5分ほど維持します。すると、角質細胞の接着が弱まるので、一度薬品をすべて拭き取ります。その後乳酸を5分ほど塗布すると、角質が除去された状態で乳酸が皮膚に浸透し、しみを薄くし肌の色を白くさせる働きがあります。ピーリング後は角質が除去されていて、紫外線に弱くなっていますので、治療後はUVカットをしっかり行う必要があります。

フェイシャルエステでも、脱毛でメジャーになったレーザーが使用されるものがあることををご存知ですか?その名も、レーザーフェイシャル。しわやたるみ、シミなどさまざまな肌のトラブルに悩む人が、その魅力にひきつけられているということです。レーザーを目的に応じて使い分けることで、肌が持つ本来の美しさを甦らせるよう肌の悩みを改善することができるレーザーフェイシャル。 小じわや肌の赤みを消したり、肌のハリを甦らせるために使うレーザーと、薄いシミやそばかす、くすみの解消には使うレーザーは違うのです。

レーザーフェイシャルは肌を活性化し、治療を繰り返すことで潤いと弾力のあるなめらかな肌へいてくれるもの。また毛穴の引き締めやうぶ毛の脱毛にも効果があります。施術後はビタミン、プラセンタなどのイオン導入を行い、効果をさらに高めることになります。その後は間隔をあけて施術を行いますが、カサブタや出血などが無いことも、安心です。レーザーフェイシャルの効果をまとめると、しわ・たるみ・シミ・肌の赤み・そばかす・くすみの改善。他にも、肌の張りをよみがえらせるコラーゲン生成促進。毛穴の引き締めやうぶ毛の脱毛などがあげられます。

レーザーフェイシャルの光は明るい光で、ゴムではじいたようなパチッとした刺激があります。施術の流れとしては、クレンジングを行った後、医師がお肌の状態を診察し、レーザーフェイシャルが適切かどうかカウンセリングをします。そして、レーザーから目を保護するためにアイマスクを着け、レーザーを照射を受けます。治療時間は顔全体で30分程度です。しみ部分は治療後にカサブタができることがあります。カサブタは3~4日後に自然にはがれ落ちるようです。

フェイシャルエステを実際に行いたいと思っても、ちょっぴり不安もありますよね。そこで、フェイシャルエステがサロンで多い質問をあげてみました。

まずは、フェイシャルエステをどの程度の間隔で行うべきか?確かにお金にも時間時も余裕があったら毎日でも通いたいくらいですが…。この場合は、自分がどんな目的でサロンに通うのかが問題になります。しみやたるみなどの美肌フェイシャルや、もっと小顔になりたいという痩身フェイシャルなどの場合は、最低でも月に2回程度くらいは定期的に通ったほうが効果もでやすいものです。しかし疲労回復、ストレス解消などの目的であれば、身体が疲れを感じた時やリフレッシュしたいと感じた時に。自分の心身状態に合わせて通うことが、一番大事です。

また、回数券を必ず買わないとフェイシャルエステは受けられないのか?サロンによっては、コース対応のみの所ももあるようですが、最近では都度の支払いを歓迎しているサロンもあるようです。他にも、身体の中でも顔は敏感な場所。使用する化粧品が肌に合うかどうか心配だという声もあるようです。しかし、ほとんどのサロンでは初回に詳しいカウンセリングを行います。特に敏感な人は、肌の状態を見ながら慎重に進めてもらえるので、安心です。

フェイシャルコースは、多くのサロンが比較的低料金でお試しできる体験コースを実施しています。技術の内容や、エステティシャンの接客態度などを含め、実際にまずは試してみるところからスタートすることをおススメします。

エステ関連ニュース