豊胸エステで憧れのバストに

ブライダルエステ、フェイシャルエステ、痩身、脱毛、豊胸など、様々な種類のエステ情報をお届け。エステで心も身体もリフレッシュ!

豊胸エステというと、バストに自信のない女性がエステで行うものだと思っていませんか?確かに、これまでは小さい胸を、少しでも大きくしたいという女性の悲痛にも似た思いが多かったのも事実です。しかし、最近の豊胸エステになると、実はより形の良いバスとを手に入れたい。左右のバランスをもっと良くして欲しい。などと、単純な胸の大きさ云々の話ではなくなってきているのです。ですから、大きくて羨ましいと言われていたような人が、こっそり豊胸エステに通っているなんて言う話も聞かれるくらいです。胸の大きな人というのは、重力によって、どんどん形が崩れやすいものなのです。

豊胸エステの魅力に、単なるバストサイズのアップということだけではなく、形をつくるというものを取り入れているのも、こういうニーズがある為です。そして体への負担がほとんどなく、体を傷つけることがないので、安心してトリートメントを受けられます。またバリエーションが豊かなので、バストのあらゆる悩みに対応できるもの。整形手術では改善できないバストのたるみや乳輪の色素沈着、陥没乳首、授乳後の萎んだ乳輪など、悩みに合わせてピンポイントで改善することができます。

ボリュームアップでは、自分自身のバスト内にある脂肪細胞を膨張させるのと同時に、バスト全体の形を整えてくれるので、自然で美しいバストを作り上げることができます。 ただし、AカップをいきなりFカップにする、というように極端な大きさにボリュームアップすることはできません。平均的に2~3カップのボリュームアップが限界だといわれています。とくに脂肪が少なく極端に痩せている女性の場合、ボリュームアップ効果が出にくい傾向があります 。ボリュームアップだけではない、豊胸エステ。これこそ、真の女性ならではのエステであると言えるかもしれませんね。

豊胸エステにも、色々な種類があります。それぞれにメリットもデメリットもありますので、自分にあったエステで、しっかりと満足できる豊胸エステを選ぶことが大切です。

まずは、光(フラッシュ)豊胸。メスを使わず注射も使わない豊胸エステです。特殊な光で、バスト内部のコラーゲン繊維を増加して、バストの形や崩れを整えながら、バストを膨張させて大きくする方法です。 1回あたりの料金は20,000円前後のところが多いようです。

次に、バストBTUトリートメントという豊胸エステです。コラーゲン繊維を増加させることで、バストのハリを高め、形の崩れを整える方法です。また、脂肪細胞組織を活性化させて、乳房内脂肪を大きくします。 1回あたりの料金は18,000円程度が相場のようです。

バストフットシステムという豊胸エステは、バストにとって理想的な6種類のトリートメントが行える、新型のバストフィットシステムマシンを使用する方法です。バストのハリや、ボリュームアップ、乳輪ケアまで、トータル的なバストケアが行えます。1回あたりの料金は、同じく18,000円前後です。

他にもIBE豊胸。新しい光源で、この光を照らすことで、本来の胸にあった脂肪細胞を膨らませる効果があるといわれています。またこの光をあてることで脳が刺激を受けて、女性ホルモンの分泌が活発になるともいわれています。その結果、豊胸が手に入るだけではなく、ホルモンのバランスも整えられるといわれている豊胸術なのです。1回あたりの料金は、30,000円前後が相場。

エステで行われている豊胸の方法には様々なので、それぞれの特徴を理解した上で、満足できる豊胸エステを行って下さい。

豊胸エステの魅力は、単純にボリュームアップするだけのものではなく、左右のバランスが悪く、形が揃っていないなどの問題も改善できるということです。各エステサロンで施術方法は異なりますが、その方に会わせた適切なカウンセリングを行い、施術を開始します。痩せていて、身体にほとんど脂肪がないという人は、なかなかバストだけ大きくすることは難しいといわれていますが、バストのサイズは脂肪ではなく、乳腺の発達によるものなので、痩せていても大きくすることは充分可能です。

ストレスなどによりホルモンバランスが崩れると、痩せたわけではなくても胸が小さくなったと感じられることがあります。痩せたわけではないのに、以前より胸が小さくなってしまったという場合がこれにあたります。最近では、ホルモンバランスを整え、活性化させる施術方法を取り入れているエステサロンもあります。ストレスによるものが原因である場合、充分に改善することができます。

他にも、バストのたるみが気になる人や 乳輪の色が気になる人。バストの形を整えたいという人など、どんな悩みにも対応できるのが豊胸エステなのです。人気の光豊胸は、バストに遠赤外線の波長帯の光を照射することで組織腋の浸透圧を下げ、脂肪を膨張させバストアップを図る手法です。コラーゲンが発生され、女性ホルモンにも働きかける作用があり、ふっくらとハリのあるバストに仕上げます。自分の力だけではなかなか難しい豊胸。しかし、自分のコンプレックスに焦点を当てた豊胸エステは、女性にとっては夢のようなエステであることは間違いありません。

豊胸エステにも、施術するにあたってのの注意点があります。豊胸には、受ける人それぞれの個人差が若干あります。豊胸エステは、第二次成長期の状態を人工的に作っていくため、一度ついた脂肪は減りにくいといえます。しかし、ダイエットや運動などを含めた生活習慣等も左右するので、きちんとエステティシャンの指示を受けるようにしましょう。

豊胸エステの際に、痛みはないか?そんな心配をする人が割りと多いようですが、痛みはありません。逆に、胸は知らず知らずのうちに意外凝っているので、気持ちが良いくらいです。うとうととしてしまう人もいるほどです。豊胸エステには副作用もなく、施術によって女性ホルモンが活発になるため、肌の若返りや、肌荒れ等の改善、生理不順、更年期障害、等の女性特有の悩みが改善されたりします。

しかし、豊胸エステは、未成年の人や乳房に炎症・疾患がある人、胸部奇形、先天性発育不良、心臓疾患、光過敏症、妊娠および授乳中の人は、受けることができません。他にも、豊胸手術はしたことのある人は豊胸エステを受けられません。また、卵巣を全摘出したりピルを飲んでいる人や生理中の人は、効果が表れにくいといわれています。豊胸エステは、きちんと本気で大きくしたいのであれば、10日間おきに約3ヶ月間くらいは最低でも通うことをオススメします。さらにアフターケアとして、その後も月に1回くらい通うと良いでしょう。

豊胸エステは、全ての人に全く同じような効果があるわけではありません。そもそも女性の豊かなバストは何の為にあるのでしょうか?哺乳類が子供を養うために、母乳を分泌するようにつくられたバスト。 しかし、同じ哺乳類の中でも、大きくて豊かに膨らんだ乳房を持っているのは人間の女性だけです。女性の胸は、性的魅力を発信するために進化したという説があります。

そんな豊胸エステは、こんな人におススメです。成長期に、女性ホルモンがきちんと分泌されなかったために、乳腺があまり発達せず、バストが大きくならなかった人。また、歳をとるにつれて脂肪細胞が凝縮して硬くなっている人にみられる、小さい胸。歳をとって加齢による大胸筋の衰えや、皮膚の伸縮性が弱まることでおこる垂れた胸。胸が垂れるのは、授乳による女性ホルモンの減退や、乳腺の崩れも原因になります。また、胸が大きい人ほど重力の影響を受けやすいので、垂れやすいとも言えるのです。

他にも、バストの形が悪いという人。これは、大胸筋の衰えなどによって胸の肉付きを支えきれず、周囲に脂肪が流れしまうことが原因と考えられます。また、血行不良によって胸の上部に女性ホルモンが十分に行きわたらないと、デコルテ部分に丸みが出ないということにも繋がるのです。豊胸エステは、豊胸手術のようにメスや注射を使っての豊胸に抵抗がある人にもおススメの方法です。手軽で、しかも安全なバストアップを望んでいる人にも適切なエステではないでしょうか。

エステ関連ニュース